酵素浴とは
ABOUT KOUSOYOKU

自然界の微生物の働きによる発酵熱だけを利用した温浴法です。
浴槽に敷き詰められたオガクズの中に体全体を沈め、
深いリラクゼーション効果を得て身体を芯から温めます。
酵素浴、酵素風呂などと言われ、美容、健康目的で多くの方に親しまれています。

えんの酵素浴について

えんの酵素浴について

「酵素浴えん」では、皆様に安心して酵素浴を体験していただくために、何世紀にもわたり築かれた森林管理制度の担い手である奈良県吉野の山守さんと直接提携し、特定の天然吉野ヒノキのみを使用しております。
天然の吉野ヒノキがもつ新鮮な香りと手間を惜しまずにパウダー状にしたヒノキが、酵素浴えんならではのフワフワな癒しの寝心地を作り出します。
このヒノキパウダーに野草、野菜、果物から抽出したエキスを掛け合わせ、電気、ガスなどで加温せず、自然発酵のチカラだけで温めます。じっくりと自然発酵されたヒノキパウダーは65℃〜80℃となり、徹底した管理のもと、お客様に満足いただける安定的な温度を保っております。

素晴らしい香り・発酵の温もり・フカフカの寝心地を楽しみながら、ゆっくりとお寛ぎくださいませ。
素材・循環へのこだわり

素材・循環へのこだわり

酵素浴えんは天然ヒノキ(無垢)にこだわっています。
厳選されたヒノキは100%天然であり、集成材や不燃物の混ざっていない無垢な吉野ヒノキだけを使用しています。奈良県吉野の山や加工場まで直接技術者が赴き、現地の人々と一緒になって間伐材など様々な山の環境保全に知恵を絞っております。このヒノキは薬品類を一切使わず発酵堆肥化され無農薬農家、有機農家さんの土壌に届けられます。林業と農業への循環に酵素浴えんが架け橋となり、山、人、食、全ての健康に役立てれるよう取り組んでおります。

安心・安全・鮮度

安心・安全・鮮度

浴室に漂うヒノキの香りは鮮度の目安。えんでは新鮮なヒ ノキパウダ―をお届けするため、原材料はすべて吉野山から直送しています。活きた香りを守るために、浴槽のヒノキパウダーは定期的に総入れ替えしています。
また、安定した発酵温度(65℃~80℃)は酵素浴の衛生面の基準。安定した発酵を保つには毎日のメンテナンス作業や特殊な技術が必要です。
当店ではこれらの基準を独自で作り上げ、徹底した品質管理で、お客様に満足して頂けるように日々心がけております。

酵素浴の特徴
PROPERTY OF KOUSOYOKU

◎じんわりホカホカ

敷き詰められたヒノキパウダーの中に身を沈めると約5分くらいで汗がジンワリと出てきます。体の内側から、ホカホカになるのが感じられると同時に、ヒノキの香りが森林浴をしているみたいに心地良く、とても清々しい気分になることができます。

◎健康・美容に

えんの酵素浴は身体の芯まで無理なく温め新陳代謝を活発にさせますから、健康・美容の敵である体内の老廃物や余分な塩分や毒素を汗と共に追い出し、きれいになった血液が体内をくまなく循環するので各細胞が生き返り、体質改善が促され若々しく元気な肌づくりへ。

◎大量の発汗

酵素浴、酵素風呂は体の部分的な負担がなく、頭から顔、つま先まで全身バランスよく発汗すると言われております。 発汗作用はサウナの数倍、マラソンでは約15kmのランニングに相当します。大量の汗とともに体内の老廃物、毒素、余分な塩分を追い出し、細胞を生き返らせると期待されております。