MAGAZINE
マガジン

2014.12.20

吉野ヒノキと酵素浴

吉野ヒノキと酵素浴

奈良県吉野のヒノキ

酵素浴えんにとって大切な素材となる奈良県吉野産ヒノキ。
今回は吉野山のヒノキについてご紹介したいと思います。
吉野ヒノキは特徴として、そのほとんどが古来より人の手によって、植林・手入れがなされた人工林であるという点があげられます。 そのため枝打ち(樹の枝を幹から切り落とす作業) のいきとどいた木が多く、製材しても無節の高品質な製品が沢山とれます。

吉野ヒノキと酵素浴

更に吉野ヒノキは、土壌や気候に恵まれる事に加え、植林の際、木々を密植させ、その成長に合わせ質の悪い木をどんどん間引く事により、年輪巾が均等かつ細やかに育ち、その切り口は淡いピンク色に染まります。
非常に光沢があり、色艶が良いです。このように吉野檜は、否の打ち所のない抜群の素材なのです。

酵素浴えんの資材

酵素浴えんは吉野産ヒノキだけを資材として扱います。
理由は品質と安全性です。ヒノキと言っても多種多様で、もちろん外材ヒノキもあります。 皆さんがスーパーで生産者不明の野菜と、生産者が明確な野菜があればどちらを買いますか? 生産者の顔が見えると安心ですよね。当社のこだわりは、お客様にその安心をお届けします。 吉野の山のヒノキは生産者が明確な、人工的に植えられた林です。

私達がこのように恵まれた素材を扱えるのも、吉野の地に古来から木々に愛情を注ぐ人々がいたからであり、ここにも匠の業が生き続けているのです。
ただ、日本の林業は多くの課題を抱え、吉野の優れた木材も山に埋もれてしまう危機に瀕しているという事。
私達は現地の林業、山守りの方々と深く関わり、自然保護につながる活動を取り組む必要があると考えています。

NEW ARTICLES